総量規制対象外のメリットとは?

総量規制対象外のメリットは、もちろん総量規制という規制を受けないことです。より具体的に言えば、総量規制とは金融機関から借りることのできるお金の総額を、年収の三分の一までに規制するという法律です。金融機関から借りたお金の返済はその人の収入から行うことになりますから、年収に比べてかなり大きい借金を抱えては返済できなくなるだろうと思われ、三分の一というラインが引かれたわけです。三分の一というラインに明確かつ誰をも説得できるような根拠が特にあるわけではありません。
しかし、これはどの金融機関にも当てはまるわけではなく、総量規制対象外の金融機関もあります。総量規制対象外のメリットの一つは、明らかなことですが年収の三分の一を越えてお金を借りられる可能性があることです。これはもちろん大きなメリットになります。
総量規制対象外のメリットとしては、実はもう一つあります。それは多くのお金を借りられることに付随しているといえば言えるのですが、結果的に金利が低くなるということです。一般的に、借入金利というのは借入金額が大きくなればなるほど低くなります。元本が大きくなるので、お金を貸すほうとしては相対的に金利が低くなっても十分な利益を生み出すことができるからです。
総量規制対象外の金融機関では、そうでない金融機関に比べて、借入限度額が高く設定されることになります。すると、限度額が高い分、金利は低くなることが多いというメリットもあるのです。

http://souryou.info/

Comments are closed.